指導をしてもらう場所

バリスタの資格を目指すために欠かすことができない学校に進学することは、技術習得や資格試験受験の資格を満たすことの他にも、意味があります。
それは、自分自身の技術を養成するための知識と実体験を得ることができることが一つです。
そして、実際にプロとして現場に出ている人間から教えを受けることができるということも意味にカウントできます。
さらに、将来的なキャリアパスもしっかりしているところが多いです。
また、ともに同じ道を進む仲間に出会える点も見逃せません。

様々な意味をもたせられるという点で、学校に進むことはバリスタになるにあたって必須だといえます。

能力の保証

バリスタとしてやっていくための資格は、大きく分けて二種類あります。
一つは、コーヒーマイスターと呼ばれる認定資格です。
日本で最初の認定資格で、日本スペシャルティコーヒー協会が主催している講座を受けて認定試験の合格によって、資格取得ができます。
その受験をするためには、日本スペシャルティコーヒー協会に加盟していることが求められます。

もう一つは、JBAバリスタと呼ばれる資格です。
この資格は、すでにバリスタとして勤務しているか、コーヒーに関わる企業に働いている人であることが求められます。
同時に、エスプレッソの抽出をしたことがあること、そしてJBAが認定している学校を卒業して1年未満であることが求められます。
初級に当たるレベル1から、指導者としてのレベル3までランクがわかれています。

働きながら目指す

バリスタの資格を取得することを目指すとすれば、多くの場合は製菓学校や調理学校に進みます。
しかしながらその多くは昼間に学校へ行く必要があり、夜間コースがあるところは限られていることが多いです。
そうなると、夜間コースに通うことができない場合のことも考える必要があります。

そういった場合に活用できるのが、週一回から通うことができる資格講座としての学校です。
仕事をしながら資格につなげて自分を高めたい、というような願望にもマッチしているため、忙しい社会人でも頑張りがいがあるのが特徴です。

選択肢の種類

バリスタの資格を取得したいならば、多くの場合学校に通うことがポイントとなります。
製菓学校や調理学校に通うことで、その道を歩むことができます。
昼間に学ぶことができるコースが中心ですが、夜間コースがあるところもあります。

プロとしての技術

バリスタの資格を取得するために通える学校では、様々な技術や知識を学ぶことができます。
コーヒーの豆や淹れ方についてはもちろんのこと、同時に提供するスイーツやランチの作り方やその技術を学んだりもできます。
同時に、バー営業をするのであればバーテンダーとしての知識や技術も求められます。
最近ではツイッターなどでもよく画像が出まわる、素晴らしいラテアートを完成させるような技術も求められます。
そういった、ただの喫茶店からもっと先ゆくための知識や技術を会得することが、学校で可能です。